【保存版】 審査が甘い、通りやすいクレジットカード会社はココ!【クレココ】

審査が通りやすいクレジットカードは?審査に通るポイントはコレ

クレジットカードの審査に何度も落ちてしまっている20代の方は意外と多いです。しかし審査に落ちるということはそれなりの理由があります。そこを改善することで無事にクレジットカードを作成することができるのですが、その方法を知らない方も多いはずです。

 

そこで今回は、審査に通りやすいクレジットカードや審査に通るためのポイントについて解説していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

審査に通りやすいクレジットカードとは?

 

クレジットカードは、その人の信用情報や、年齢、それから収入状況などが一般的に審査基準とされています。また、企業や団体などと提携しているクレジットカードは、独自に契約条件が決められている場合もあります。

 

クレジットカード会社も商売です。クレジットカードを発行することで利益を得る必要があるため、審査に通りやすくするように自分で努力することはできても、全ての人にとって審査が甘く、簡単に作れるクレジットカードはありません。

 

審査に落ちてしまうのは何が原因?

 

クレジットカードの審査に落ちてしまう原因はいくつか考えられます。

 

まずは収入が安定していないということです。毎月の収入が安定しない、あるいは少ないという方は審査に通りにくくなってしまう場合もあります。

 

次に、他にも何枚かクレジットカードを発行していて、そのカードでの利用が多く、総量規制を超えている場合です。総量規制とは年収の4分の1を超えた貸付はしてはいけないという貸金業法のルールです。つまり他社のカードで年収の4分の1以上の利用がある場合には、審査が通らない可能性が高くなります。また、総量規制はクレジットカードのショッピング枠には適用されない場合が多いですが、カード会社によっては独自のルールが設けられている場合もあります。

 

そして、クレジットカード会社が提示している条件を満たしていない場合です。その代表例が年齢ですが、各カード会社によって独自の年齢制限を設けている場合も多く、その年齢に満たない場合には無条件で審査に落ちます。それ以外にもカード会社によって様々な条件がありますので一つでも条件を満たすことができなければ審査に通りません。

 

更には、信用情報に傷がついてしまっていることも審査に通らない大きな要因です。俗にいうブラックリストに載ってしまっている状態ですが、具体的には、借金の返済が遅れていたり、クレジットカードの支払いが遅れていたりすることが挙げられます。ただし、お金を借りただけでは信用に傷がつくことはありません。

 

そしてあまり知られていないのが、過去にそのクレジットカード会社に過払い金請求などを行ったことがある場合には、審査に通りづらくなります。というのも、過払い金請求という行為で信用に傷がつくことはありませんが、カード会社が独自で規定を作り、審査に通らない場合もあります。

 

意外なことが原因になっている場合も

 

先ほど紹介した、代表的な審査に通らない原因の他にも、意外なことが原因になっている場合があります。

 

まずは、携帯電話本体の割賦契約をしている場合、その料金が遅延してしまったり、利用料金が遅延してしまうと信用情報に傷がつく場合があります。スマホは高額なものも多く、本体料金を割賦払いにしている人も多く、更に学生であれば生活費やお小遣いが足りなくなってしまうと携帯代金を後回しにして、携帯が止まってから支払えばいいやと考えてしまう人も多いですが、それが何度も続けば強制的に解約させられてしまうだけでなく、1つ間違えば自分の信用情報に傷がついてしまうことがあるため注意が必要です。

 

更に、自分が連帯保証人になっていて、返済ができない場合にも信用情報に傷がつきます。このケースは直接自分がしたミスではありませんが、こういう意外な所にも信用情報に傷がついてしまう原因が潜んでいるのです。

 

この他にも、信用に傷がつく意外な原因があるため、しっかりと確認しておくことが大事です。これを怠ると自分がやってしまったことでなくても、信用に傷がついてしまい、自分が困ってしまう状況になりかねません。

 

うっかりブラックを防ぐ方法とは?

 

自分の信用情報に傷をつけないために注意していても、人間ですのでうっかりミスをしてしまうこともあります。しかし、このミスを未然に防ぐ方法も存在します。

 

まずは、スマホなどの端末は一括払いにするという方法です。最初にかかるお金は増えてしまいますが、信用に傷がついてしまってはクレジットカードが本当に必要になったときに困ってしまいます。また、携帯料金の払い忘れにも注意する必要がありますので、もし忘れてしまいそうな方は口座振替にするなどのちょっとした工夫で自分の信用に傷がつくことを防ぐことができます。またクレジットカードを経由して支払うことで、携帯が止まってしまって数日間使えなくなるということも防ぐことができ、家賃や光熱費などもクレジットカードを経由して支払うことで、ポイントやマイレージなども効率よく貯めることができるため、まさに一石二鳥だといえるでしょう。

 

それに加えて、毎月どんな支払いがあって、何日に引き落とされるのかをメモなどに書いておき、自分のいつでも見れるところに貼っておくということもおすすめです。そうすることで大体毎月どれくらいのお金を支払う必要があるのかということを把握できるので、料金の遅延や延滞を防ぐだけでなく、毎月の出費も把握することができるようになります。

 

 

審査を通しやすいタイミングはある?

 

冒頭で、クレジットカードの審査が誰にでも甘いわけではないと説明しましたが、審査を通しやすいタイミングというのは存在します。

 

まずは収入が安定している時や収入が上がっているときです。このようなタイミングで審査を申し込めば比較的審査に通りやすくなります。

 

他には、他社の借金がない時や少ない時です。借金はないに越したことはありませんが、総量規制を超えない範囲であれば比較的審査に通りやすいタイミングと言えます。

 

更には、クレジットカード会社がキャンペーンを行っている時です。このタイミングであればカード会社も利用者を増やすことが目的ですので、審査を申し込んでみるのもおすすめです。ただし、キャンペーンを行っているからと言って無条件で審査に通るというわけではありません。

 

大学生に関しては、在学している大学のクレジットカードがある場合もありますが、あくまでも、審査を通しやすいタイミングの1つであって、ただ在籍しているだけで審査が通りやすくなるというわけではないので注意が必要です。

 

審査に落ちてしまったときの対策は?

 

クレジットカードの審査に落ちてしまった時は、焦ったりすることもありますが、すぐに他のクレジットカードを申し込まないということがポイントです。審査に落ちるということは必ず理由があります。まずは、その理由を明確に遅延している支払いや、完済していない借金がないかなどを確認することが大事です。もしまだ借金が残っているようであれば、少しでも返済して額を減らすか、完済してしまうことをおすすめします。そして、再び申し込む際にはしばらく間隔を開けてから申し込むということも大事になってきます。どれくらいの間隔かということは一概にはいえませんが、これもタイミングがいい時にするべきです。例えば先ほど紹介した収入が上がったタイミングや、数カ月期間を開けてキャンペーンが開催された時など、少しでも審査に通りやすいと判断できるタイミングで再度申し込むこともポイントになります。

 

また、それ以外にも何社も同時に申し込んでしまうと、カード会社の判断によって審査に通らないことがあります。まずは1枚のカードを発行することを目標にして、何社も申し込まないことをおすすめします。

 

審査に通りやすいかどうかを知る方法

 

クレジットカードの審査に落ちてしまい、条件を確認しても満たしていない項目がない場合には、過去の遅延や滞納が原因である場合もあります。もしその遅延や滞納を解消していたとしても、1度記録されてしまうと大体1年から5年間は記録が残る場合もありますので、その間は審査に通りません。過去の遅延や延滞がデータとして残っているか不安であれば、調べることができます。事前に調べた上で申し込むことで審査に通りやすいのかそうでないのかが、大体わかるようになります。

 

クレジットカードの審査に落ちてから調べて、信用情報に傷がついていたことが分かった場合、二度手間になってしまうので、まずはデータを確認して、自分が審査に通りやすいかどうかを確認して、問題がなさそうであれば審査を申し込む方がスムーズに進めることができるはずです。

 

信用情報機関に情報開示請求をしておく

 

自分のデータがどうなっているかを調べるためには、信用情報機関に情報開示請求をしておく必要があります。信用情報機関に登録されるデータは住所や氏名、生年月日の他にもクレジットカードの利用状況や、ローンの状況などが登録されています。このデータを確認するためには情報開示請求をする必要がありますが、郵送や窓口で開示することができるため、利用することをおすすめします。

 

信用情報開示報告書が届いたら、まずは入金状況を確認する必要があります。ここのAマークがついていれば請求があったのにも関わらず支払いがされなかったということを意味し、Pマークがあれば一部の支払いがされていなかったということになります。これらのマークがあれば信用に傷がついていることになります。またハイフンマークになっている場合には、その月の請求がなく、支払いもなかったことになります。

 

次に確認する項目は、支払い状況です。この支払い状況の項目の中でも返済状況という欄に注目する必要があります。ここに異動と記されていれば、それはブラックリストに載っているということです。異動とは自己破産している場合か、支払いが遅延しているということを意味しています。

 

そして、割賦販売法の登録内容と貸金業法の登録内容という項目もチェックする必要があり、ここに貸倒、法廷免責、本人以外弁済などと書かれていても、ブラックリストに載っているということになります。
以上の項目をチェックして、自分の信用に傷がついているかどうかを確かめるということは、クレジットカードの審査に通りやすいかそうでないかを判断する重要なポイントになります。そのため、審査に申し込む前に、情報開示請求をしておくことをおすすめします。

 

デビットカードなら信用情報に影響されない

 

クレジットカードの審査に通らなかった場合には、家族カードを発行するという方法の他にも、デビットカードを利用するという方法もあります。デビットカードとは、自分の口座にある分しか利用できないためクレジット機能はありませんが、手持ちの現金がなくても、口座にお金があればその場で決済することができるので、クレジットカードと同じ要領で使用することができます。カードによっては、デビットカードを利用してもポイントが付く場合もあるのでおすすめです。

 

また、デビットカードであれば自分の名義で発行することができるため、家族カードのように使い道を知られてしまうというデメリットもなく、口座の残高以上に使いすぎてしまうということもないため安心して利用できます。

 

例えば、信用情報の傷が回復するまでの間はデビットカードを使用して、落ち着いたらクレジットカードを発行するという方法もあります。デビットカードであれば過去の信用情報に影響されることなく発行することができるので、もしブラックリストに載ってしまっている場合や、審査に通りにくい場合には、一時的な手段としてデビットカードを利用するということもおすすめです。

スポンサードリンク