クレジットカードの審査で見られるポイント│クレジットカードの審査について解説する専門サイト。審査のポイントから審査に通りやすいカードの紹介、体験談まで掲載。

スポンサードリンク

クレジットカードの審査で見られるポイント

クレジットカードを作るには必ずカード会社の審査を受ける必要があります。

 

カードを申し込む際は、個人情報を申告し、
申告を基にカードを発行できるかを判断されます。

 

それでは、カード会社は何を基準にカード発行の可否を判断しているのでしょうか。 

 

カード会社は基本的に、

 

安定した収入があるか

 

返済能力があるか

 

身元がはっきりしているか

 

の三つの要素を重視しています。

 

実際にカード会社は、三つの要素を柱をより細かい項目にわけて
その人の信用レベルを評価していきます。

 

安定した収入や返済能力を評価するには、

 

年齢

 

勤務先の規模

 

勤続年数

 

年収などが判断材料となります。

 

また、身元がはっきりしているかを評価するには、

 

居住形態や家族構成などが判断材料となり得ます。

 

カード会社によってはもっと細かく項目を設けているところもありますが、
どのカード会社でも共通しているのが以上の項目になります。 

 

カード会社は自己申告項目も重視していますが、
個人の信用情報をより重視しています。

 

信用情報とは、過去の借入の状況や返済履歴に関する情報です。

 

個人の信用情報は自己申告からでは確認できないので、
個人信用情報センターに照会を行います。

 

個人信用情報センターには各金融機関での利用履歴が保管されており、
他に複数の借入があったり、過去に滞納を繰り返していたりといったことがあれば
不利になってしまいます。

 

また、カードを申し込むと、申し込んだ履歴がセンターに残るので、
短期間に複数のカードに申し込んでいたりすると、審査に通りにくくなります

 

もし、どこのカードを申し込んでも発行が見送られてしまうという人がいれば、
個人信用情報センターに登録されている信用情報に問題がある場合があります。

 

個人信用情報センターに登録されている情報は開示してもらうことができますので、
一度確認しておくことをお勧めします。

 

信用情報に問題があった場合は、ある程度の期間が経過すれば末梢されますので、
一定期間経過後に申し込みを行って下さい。

スポンサードリンク