クレジットカードの審査はどのようにしているのか│クレジットカードの審査について解説する専門サイト。審査のポイントから審査に通りやすいカードの紹介、体験談まで掲載。

スポンサードリンク

クレジットカードの審査はどのようにしているのか

最近はクレジットカードも、
量販店やスーパーの値引カードと一体化させたようなものが増加しており、
家庭の主婦や学生が加入している例が増えています。

 

また、審査のスピードも結構速く、
どのようなことをしているのかと考えたくなるような時もあります。

 

しかし、クレジットカードの発行時にはしっかりと審査をしています。

 

ただ、最近では電子データでやり取りをしたり、
コンピューターの性能が上がったことから、
人間が目で作業をすることが減少していることから、
スピードはかなり上がっています。

 

また、収入のない人であっても、
その親や配偶者に十分な収入があったりすれば
問題なく回収が可能であるという判断をしているのです。

 

審査のデータとして大切なデータは
個人信用情報機関が保有しているクレジットカード利用事績です。

 

決済の遅延の有無等がすべてここに集積されるので、
申込をした人については必ずその人のデータが
個人信用情報機関に照会されます。

 

照会データは、電子データで送信されますから
パソコン業務にうまくマッチングします。

 

しかも、ほぼリアルタイムにデータが来ますから、
スピーディな処理に寄与しているわけです。

 

もっとも、人間の目が全く入らないわけではありません。

 

各信販会社等ではマニュアルがありますが、
そのマニュアル通りの申込者であれば、
コンピューター上のチェックだけでカードが発行されます。

 

しかし、申込者の全てがそのような人ばかりではないので、
担当者が直接チェックすることになります。

 

その場合、当然完了のメール等が遅くなりますから、
1週間以上連絡がない時は、何らかの事情で引っ掛かっている
と考えた方がいいでしょう。

 

短期間に何枚もの発行申込を集中させると、
警戒して拒絶されるようなケースもありますから注意が必要です。

 

なお、自分には何の覚えもないのに、
返事が長引いた揚句にカード発行を拒絶されるようなケースが何度もある場合は、
個人信用情報機関に自分の履歴を照会してみた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク