クレジットカードの審査について解説する専門サイト。審査のポイントから審査に通りやすいカードの紹介、体験談まで掲載。

スポンサードリンク

クレジットカードの審査に通りやすい人とは?

クレジットカードを作成するにあたっては、
必ず審査が必要ということは周知の事実です。

 

所定の申込書に必要事項を記入して、
クレジットカード会社に郵送して審査を受けるわけですが、
これにパスして初めてカードを受け取ることができるわけです。

 

でも若い時、特に学生の独り暮らしなどでは審査に通らないこともあります。

 

これはなぜかというとカード会社が設定する一定の条件をパスしていないからです。

 

では、何を基準にしてカードの発行が許可されるかというと、

 

安定した収入」、

 

返済能力」、

 

安定した居住場所

 

という項目についてみているようです

 

。安定した収入は言わずと知れたことで、大手企業に勤務し、
勤続年数が長ければ評価も上がります。

 

また、公務員などの安定した職業であればスコアも良くなります

 

返済能力に関しては過去に借り入れした履歴などで、

 

延滞などのリスクがないかとか、

 

過去に消費者金融からの借り入れなどの履歴がない

 

かどうかがポイントになります。

 

カード会社は必ずといっていいほど、個人情報を管理する中立機関に照会を行いますので、
自己申告をしてうその履歴を書いても必ずばれてしまいます。

 

過去に延滞などを繰り返して、複数のカード会社などにカードの発行を申請していたりすると
それが自転車操業と判断されたりというマイナス評価の要因になることもあるでしょう。

 

返済能力という点でいえば、自分が親と同居していて持ち家があるというのも大きなポイントとなります。

 

一人暮らしで仮り住まいであれば夜逃げの可能性がありますし、その分リスクが高くなります。

 

親と同居しているという点は代わりに返済する人がいるというリスク分散につながりますし、
そこが持ち家であれば逃げも隠れもできないという点で、評価が高くなります。

 

安定した住まいがあるというのは評価の中で重要なポイントを占めるでしょう。

 

また、携帯電話しかないというよりも固定電話があるというのもプラスの評価につながります

スポンサードリンク